ハイジフォーシーズン性能

Low-E複層ガラスを標準仕様

住まいを快適にするのは、高遮熱・高断熱のLow-E複層ガラスです。冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、家などの開口部を通るものは約半分。

夏の冷房時に家に入ってくる熱の約7割が窓やドアの開口部です。窓対策に力を入れることは、冷暖房の無駄を省きます。
窓対策は快適な暮らしに直結する重要な部分です。

 

Low-E複層ガラスを標準仕様

●電磁波・紫外線をカット!日差しカットの遮熱効果と、熱を逃がさない断熱効果も優れています。●

 

■Low-Eガラスの紫外線カット比較 ガラス厚3㎜ 空気層12㎜

紫外線は人体や住まいに有害です。家具の色あせや、皮膚の日焼けの原因のひとつになります。 特殊金属膜なら、紫外線をより多くカットします。

Low-E複層ガラスを標準仕様

■Low-Eガラスの日射侵入率比較 ガラス厚3㎜ 空気層12㎜

特殊金属効果で、明るさはそのままで日差しを約60%カット。冷房効果も高まって省エネです。 しかも、冬の断熱効果は高断熱複層ガラスと同等以上なので、
一年中快適です。

Low-E複層ガラスを標準仕様

ページトップへ